宮城のニュース

気仙沼・大島の観光施設、完成1年以上遅れ 大橋開通に間に合わず

 宮城県気仙沼市が離島・大島の浦の浜地区に建設する観光拠点「大島ウエルカム・ターミナル」の供用開始が計画より1年以上遅れ、2020年度にずれ込む見通しであることが18日、明らかになった。18年度内に県が整備する気仙沼大島大橋の完成に間に合わず、島の振興に影響が出そうだ。
 同日、浦の浜地区に県が整備する防潮堤や県道大島浪板線(8.0キロ)、ウエルカム・ターミナルに関する県と市の説明会が大島公民館であり、市が示した。
 市の計画によると、ウエルカム・ターミナルは防潮堤の背後地に盛り土して建設。敷地約1.1ヘクタールに農産物や土産物売り場、地元商店主らが運営する商業モールなどが入る。大島大橋の完成に合わせたオープンを予定していたが、県道や防潮堤整備の遅れが影響したという。
 県は大島大橋の工区を含む大島浪板線のうち、用地買収の遅れなどから一部工区の完成が最大で2年ずれ込み、20年度内となることを明らかにした。大島大橋の完成時期は変わらない。
 説明会には島民ら約50人が参加。「事業の遅れで商売に打撃が出る」「遅れた説明が明白でない」などと不満の声が上がった。


関連ページ: 宮城 社会

2017年11月19日日曜日


先頭に戻る