宮城のニュース

不用の布を人形に 涌谷の女性グループが作品展

かわいらしい作品が並ぶ会場

 不用になった古い布で愛らしい人形を作っている涌谷町の女性グループ「遊布の会」の作品展が、同町くがね創庫で開かれている。24日まで。
 「かぐや姫」をテーマにしたウサギやお姫さま、つるしびななど約250点を展示。古い着物などをリサイクルした人形は5〜40センチほどで、町内に住む9人の会員が丁寧に手作りし、仕上げた。
 フクロウのブローチの制作体験コーナー(無料)も用意。斎藤悦子代表(66)は「人形作りで手を動かすと認知症の予防にもなる。多くの人に魅力を知ってほしい」と話す。
 入場無料。午前9時半〜午後4時(最終日は正午まで)。22日休館。連絡先は町くがね創庫0229(43)6066。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年11月20日月曜日


先頭に戻る