秋田のニュース

<光のファンタジー>秋田駅前に輝くトンネル 笑顔を照らす

点灯式後、市民らが散策を楽しんだJR秋田駅前の「光のトンネル」
点灯式後、市民らが散策を楽しんだJR秋田駅前の「光のトンネル」=18日午後6時40分ごろ、秋田市中通7丁目
点灯式で創作花火と競演したJR秋田駅前のイルミネーション=18日午後6時15分ごろ、秋田市中通7丁目

 秋田市の中心市街地をライトアップする冬の恒例行事「あきた光のファンタジー2017」が18日、開幕した。JR秋田駅とエリアなかいちの周辺を約20万個の電飾で彩る。来年2月末まで。
 秋田駅前広場には、約4万5000個の発光ダイオード(LED)で「光のトンネル」を設置。秋田新幹線や五能線の列車をかたどった飾りもある。広小路、仲小路の各商店街、駅前の商業施設なども光の装飾を施す。
 18日夕には点灯式があり、ハンドベルの演奏が披露されたほか、創作花火も打ち上げられた。秋田県と市、JR秋田支社、各商店街振興組合の主催。点灯は毎日午後4時〜翌午前0時15分。


関連ページ: 秋田 文化・暮らし

2017年11月19日日曜日


先頭に戻る