宮城のニュース

石巻で津波の犠牲 愛梨ちゃんゆかりのキク コボパで植栽会

愛梨ちゃんゆかりの花の苗をプランターに植える美香さん(右から2人目)ら参加者たち

 東日本大震災の津波で犠牲になった石巻市の佐藤愛梨(あいり)ちゃん=当時(6)=の被災現場に咲いていたフランスギクを通し、震災の教訓を伝えている「アイリンブループロジェクト」実行委員会は19日、仙台市宮城野区のKoboパーク宮城で植栽会を実施した。
 遺族やメンバーら約30人が参加。県内や愛知県弥富市などで育てられた苗30株をプランターに植え、観覧車などがある広場「スマイルグリコパーク」に設置した。
 参加者は願い事を書いた紙をカプセルに入れ、苗と一緒に埋めた。参加した大崎市鹿島台小4年の土井七海さん(10)は「もう地震が起こらないことを願った。愛梨ちゃんがいる空に向かってきれいな花が咲いてほしい」と話した。
 愛梨ちゃんの母親の美香さん(42)は「愛梨と一緒に野球観戦に来た思い出の場所。防災を考えるきっかけになれば」と話した。
 花はプロジェクトを進める美術家すがわらじゅんいちさん(53)=利府町=が見つけ、株分けして育てている。増殖に協力するメンバーは現在、15都府県に広がっている。


2017年11月20日月曜日


先頭に戻る