宮城のニュース

<楽天>ドラフト2位岩見「球史に残る選手に」 楽天と入団合意

入団に合意し、ユニホーム姿でガッツポーズをする岩見

 東北楽天は19日、ドラフト2位で指名した慶大の岩見雅紀外野手(23)=右投げ右打ち=と東京都内のホテルで入団交渉し、契約金7000万円、年俸1200万円で合意した。
 入団交渉後、東北楽天のユニホームに袖を通した岩見は、サイズが体に合うか心配だったようで「入って良かったです」と笑った。東京六大学リーグ歴代3位の通算21本塁打を記録した長打力が持ち味。今秋は7本塁打を放って、1シーズン最多記録に並んだ。
 長島哲郎スカウト部長から「外国人選手と同じように広角に打てる。和製大砲として東北で暴れてほしい」と期待されたスラッガーは「球史に名を残す選手になりたい」と力強く語った。
 身長187センチ、現在の体重は107キロ。適正体重は把握してはいないが、112キロを超えると下半身に張りが出るという。「体調と相談しながら動ける体をつくっていきたい」と、来年1月の新人合同自主トレーニングに向け練習に励んでいる。担当の後関昌彦アマスカウトグループマネジャーは岩見の体重管理に「打撃にマイナスになるなら無理して落とす必要はない。(プロの練習で)今より落ちるとは思う」と説明した。(金額は推定)


2017年11月20日月曜日


先頭に戻る