宮城のニュース

寒さ一気に冬到来 仙台で初霜、泉ケ岳は初冠雪

初霜でうっすら白くなった道路沿いの葉=20日午前7時ごろ、仙台市太白区大野田

 宮城県内は20日、上空に寒気が流れ込んだ影響で、各地でこの冬一番の冷え込みとなり、仙台で初霜、仙台市泉区の泉ケ岳(1172メートル)で初冠雪を観測した。平年に比べ初霜は10日、初冠雪は14日遅い。
 仙台管区気象台によると、朝の最低気温は22観測地点のうち19カ所で今季最低を記録。仙台は平年を4.3度下回る氷点下0.1度だった。
 県内で最も低かったのは栗原市築館の氷点下4.5度で、平年を5.2度下回った。仙台市新川と大衡で氷点下3.4度、栗原市駒ノ湯で氷点下3.3度など、12月中旬から1月上旬並みの寒さとなった。


関連ページ: 宮城 社会

2017年11月21日火曜日


先頭に戻る