宮城のニュース

<楽天>オコエは200万円増 契約更改

契約更改を終え、笑顔で記者会見するオコエ
東北楽天契約更改(20日)

 東北楽天は20日、仙台市宮城野区の球団事務所でオコエ、田中の両外野手、菅原投手ら6選手と来季の契約を結んだ。
 後半戦に外野の一角を担ったほか、日本代表の一員としてアジアチャンピオンシップを戦って飛躍の足掛かりを築いたオコエは200万円増でサイン。「1年間通して1軍で結果を残したい。有言実行でいく」と語った。
 外野の守備固めや代走を中心に51試合に出た田中は100万円増で合意。打率1割1分1厘に終わった打撃面を課題として「走力を生かすためにもっと打てるようになりたい」と決意を口にした。救援で29試合登板した菅原は400万円増で契約。「来年は30試合以上投げたい」と意気込んだ。
 今季2試合出場のフェルナンド外野手は160万円減。来季の巻き返しを期して、オコエとともに23日以降、メキシコでのウインターリーグに参加する。


2017年11月21日火曜日


先頭に戻る