山形のニュース

<衆院選山形>2区鈴木氏秘書を書類送検 公選法違反容疑 有権者に文書数千通

 10月の衆院選(10日公示、22日投開票)の期間前にメール便で投票を呼び掛ける趣旨の文書を有権者に送ったとして、山形県警捜査2課などは21日までに、公選法違反(法定外文書頒布、事前運動)の疑いで、山形2区で当選した鈴木憲和氏(35)=自民=の男性秘書を書類送検した。
 捜査関係者らによると、男性秘書は衆院が解散した9月28日ごろから公示前日の10月9日までに、鈴木氏への投票を呼び掛ける趣旨の文書数千通を、選挙区内の企業や個人宛てにメール便で送った疑いが持たれている。男性秘書は違法性を認識しており、容疑を認めているという。
 鈴木氏は取材に対し「私の指導不足で大変申し訳ない。今後、秘書の教育を含めて再発防止に取り組みたい」と話した。
 鈴木氏は衆院選で約11万票を獲得し、次点だった希望公認候補に約1万8000票差をつけ、3選を果たした。


関連ページ: 山形 社会

2017年11月22日水曜日


先頭に戻る