岩手のニュース

<ベリテ社投資詐欺>貸金140万円を返還命令 盛岡地裁

 盛岡市のデジタルデザイン会社「ベリテ」による投資詐欺容疑事件を巡り、盛岡市の女性がベリテと同社社長中里浩幸被告(51)=盛岡市東黒石野、詐欺罪で公判中=に出資金の一部返還を求めた訴訟の判決で、盛岡地裁は22日、請求通り140万円を返すよう命じた。
 判決によると、女性は2014年7月にベリテと資金運用委託契約を締結。計1300万円を貸し付けたが15年10月以降、配当金が未払いになっていた。


関連ページ: 岩手 社会

2017年11月23日木曜日


先頭に戻る