宮城のニュース

筆致伸びやか1038点 仙台河北小中学生書道展開幕

小中学生の書道の秀作を鑑賞する家族連れ

 第10回河北小中学生書道展(河北新報社主催)が23日、仙台市宮城野区のTFUギャラリーMini Moriで開幕した。
 最高賞の河北賞を含む上位賞16点、金賞50点、銀賞301点、銅賞671点の計1038点が展示されている。東北各県から課題自由で毛筆作品を募り、過去最多の3430点の応募があった。
 来場者は大人顔負けの達筆に感心しながら、じっくりと鑑賞して回った。中学3年の長女くるみさん(15)が入賞した仙台市若林区のアルバイト中野里香さん(46)は「初めて来場したが、上位作品がどれも細部まで抜かりなく書いていて驚いた。娘にも参考になると思う」と話した。
 26日まで。入場無料。午前10時〜午後5時。連絡先は河北新報社文化事業室022(211)1358。


関連ページ: 宮城 社会

2017年11月24日金曜日


先頭に戻る