宮城のニュース

仙石線の列車が停車駅通過 運転士が勘違い

 23日午前6時40分ごろ、JR仙石線のあおば通発石巻行き下り普通列車(4両編成)が、東松島市の東矢本駅を通り過ぎ、次の陸前赤井駅まで走行した。東矢本駅で乗車予定だった2人は後続列車に乗車した。JR東日本仙台支社によると、運転士が通過駅と勘違いしたという。


関連ページ: 宮城 社会

2017年11月24日金曜日


先頭に戻る