秋田のニュース

セコンドが出会いを応援 秋田・羽後の婚活イベントで3カップル誕生

参加者同士が自己紹介して相性を確かめた交流会(写真の一部を加工しています)

 秋田県羽後町の結婚支援事業「セコンド付き出会い事業」の第3回交流イベントが18日、町内の西馬音内盆踊り会館であり、参加者21人のうち6人3組のカップルが誕生した。
 事業は、町民らが独身の知人にお見合いパーティーへの参加を促す「セコンド役」になってもらい、婚活を後押しするのが狙い。同町の会社員や公務員などの男性13人、青森、秋田両市など県内外の女性会社員ら8人が参加した。
 参加者は男女別に交際のこつを学ぶセミナーを受講後、3分ずつ1対1で自己紹介するフリートークを体験。町内産地ビール工場見学やワインバーでの食事を通して交流を深めた。
 最後に希望の異性を第7希望まで申告する用紙に記入し、相思相愛となったカップルが成立した。
 交際相手が見つかった青森市の30代の女性会社員は「気持ちが温かな男性が多かった。交際を前向きに検討したい」と話した。
 12月16日にも開催する。連絡先は町企画商工課0183(62)2111。


関連ページ: 秋田 社会

2017年11月24日金曜日


先頭に戻る