秋田のニュース

北朝鮮から木造船漂着か 由利本荘で男性8人保護

「本荘マリーナ」付近に漂着し、防波堤前で係留されている外国のものとみられる木造船=24日午前8時ごろ、秋田県由利本荘市

 23日午後11時25分ごろ、秋田県由利本荘市石脇の船舶保管施設「本荘マリーナ」付近に不審者がいると、近くの住民から110番があった。由利本荘署は国籍不明の男性8人を保護。付近には8人が乗っていたとみられる木造船が漂着していた。男性は朝鮮語のような言葉で「北朝鮮から来た」と話しているという。

 同署によると、8人は自力で歩ける状態で、命に別条はない。同署は通訳を交え、仙台入国管理局職員と共に事情を聴いている。
 秋田県警によると、8人は「漁に出ていたが、船が故障した」と話している。木造船は長さ約20メートルで、岸壁の消波ブロック付近に漂着していた。船内には漁具があった。8人は厚手の防寒着を着ていた。
 県警によると、県内に漂着した木造船で生存者がいた例はないとみられる。
 第2管区海上保安部(塩釜市)や秋田海上保安部(秋田市)は巡視船や航空機を出動させ、周辺海域を調査しているが、現段階で異常はない。
 現場は由利本荘市役所から北西に約3キロ。


関連ページ: 秋田 社会

2017年11月24日金曜日


先頭に戻る