福島のニュース

福島・飯舘村で7年ぶり収穫のコメ「里山のつぶ」 道の駅「までい館」で販売

福島県飯舘村で収穫、販売するコメをアピールする高橋さん

 東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が今年3月末に一部を除き解除された福島県飯舘村で、7年ぶりに収穫されたコメが村内の道の駅「までい館」で販売されている。避難先の二本松市から通って栽培した高橋松一さん(65)は「村のコメをアピールしたい」と期待を込める。
 コメは「里山のつぶ」で、県が中山間地向けに開発し、今年から県内で本格的な栽培が始まった新品種。高橋さんは5月に田植えをし、10月に収穫した。価格は1キロ入りが400円。
 今月中旬の販売初日にあった試食会の評判は良く、高橋さんは「『うまいよ』と言ってもらえてうれしい。飯舘のコメを買って味わってくれる人が広がってほしい」と話す。
 村によると、今年は8人が飼料用を含めて計8ヘクタールで稲作を再開した。来年は現段階で17人が栽培を予定しており、作付面積は20.5ヘクタールに拡大する見込み。


関連ページ: 福島 経済

2017年11月24日金曜日


先頭に戻る