宮城のニュース

お近づきの印に日本酒どうぞ 塩釜などの蔵元がインドで逸品紹介

23日、ニューデリーの日本大使館で開かれた日本酒のイベントで、銘柄を紹介する蔵元、佐浦の関係者

 【ニューデリー共同】インドで日本酒の魅力を広めようと、首都ニューデリーの日本大使館で23日、山形、宮城、兵庫、大分各県と京都府の五つの蔵元が参加して「日本酒の夕べ」が開かれた。ホテルや飲食店などの経営者ら約100人が集まった会場に、それぞれの蔵元が2銘柄を持ち寄り、自慢の逸品を紹介した。
 参加したのは佐浦(塩釜市)、出羽桜酒造(天童市)など。インドでは日本酒は一般になじみが薄く、提供するレストランも少ない。化学製品会社社長のパンカジ・ジェインさん(55)は「日本酒は香りもよく、度数もほどほどで大好き。冷やして飲むと、さらにおいしい」と満足した様子。増田徳兵衛商店(京都市)の増田徳兵衛社長は「インドはまだまだ未開のマーケット。種類や味の豊富さといった特徴を伝えていきたい」と述べた。
 海外で日本酒の普及活動を行う「酒サムライ」英国代表、吉武理恵さんは「インド料理と日本酒は意外に合う組み合わせ。息の長い展開をしていきたい」と話している。


関連ページ: 宮城 経済

2017年11月25日土曜日


先頭に戻る