宮城のニュース

<ニコン100周年>往年の名機からNASA搭載カメラまで 仙台でイベント

展示されたスペースカメラに見入る親子

 カメラメーカー、ニコンの創立100年記念イベント「ファンミーティングキャラバン2017」が23日、仙台市宮城野区の仙台サンプラザであり、約850人の来場者でにぎわった。
 会場には一眼レフカメラの最新機種から「ニコンF」など往年の名機を展示。米航空宇宙局(NASA)が宇宙での撮影に使用したスペースカメラも公開された。超望遠レンズの体験コーナーやプロカメラマンによるセミナーがあり、愛好者らの人気を集めた。
 2人の娘と訪れた若林区の高校教諭八嶋圭吾さん(41)は「貴重なカメラが並び、カメラ博物館のようだ。小学4年の長女が写真に興味を持ち始めたので、親子で楽しめた」と笑顔を見せた。


関連ページ: 宮城 経済

2017年11月25日土曜日


先頭に戻る