宮城のニュース

無断欠勤で仙台市職員を停職処分

 仙台市は24日、無断で5日間欠勤した財政局納税部の30代男性主事を停職1カ月の懲戒処分としたと発表した。処分は21日付。男性は辞職願を出し、既に承認された。市によると、男性主事が無断欠勤したのは9月4〜8日。2006年8月にも11日間の無断欠勤で、減給処分を受けていた。


関連ページ: 宮城 社会

2017年11月25日土曜日


先頭に戻る