青森のニュース

子どもたち迫真の演技 戦争題材 親たちは涙

 ◇…「あの劇見た? 号泣したよ」。むつ市の飲み屋街で、むつ市第二田名部小の学芸会で6年生が演じた劇が話題になっている。
 ◇…演題は「さとうきび畑の唄」。第2次世界大戦下の沖縄で、家族の絆と戦争のむごさを描いたテレビドラマを劇に仕立てた。戦場で人を殺すことに葛藤する兵隊や子を戦地に送り出す親の姿など、全て子どもたちが演じた。
 ◇…戦争を知らない親たちが自分のことのように戦争と向き合う機会になったようで、しばらくは酒席で感情の吐露が続きそうだ。(むつ)


関連ページ: 青森 社会

2017年11月26日日曜日


先頭に戻る