宮城のニュース

<クイーンズ駅伝2017>福士苦戦「今年は全然駄目」

ワコールの2区樋口(右)から3区福士へたすきが渡る=宮城県塩竃市の第2中継地点

 第37回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会は26日、宮城県松島町文化観光交流館前から仙台市陸上競技場までの6区間、42.195キロで行われた。

 ワコールの福士(青森・五所川原工高出)は各チームのエースがそろう3区で区間14位と苦戦。チームも17位と前年の5位より順位を大幅に下げ、来年のシード権を逃した。「(3区は)追い風を想定していたら向かい風で気持ちが乗らなかった。今年は全然駄目」とさばさばとした表情で語った。
 リオデジャネイロ五輪マラソン代表でチーム最年長の35歳。視線は3年後の東京五輪に向けられている。「次のレースは決まっていないけれど、2020年のために毎日がある。マラソン代表を目標にやっていく」と気を引き締めた。


2017年11月27日月曜日


先頭に戻る