宮城のニュース

障害者、綱引き熱く 大郷・県大会に250人参加

力を込めて懸命に綱を引く選手ら

 第22回県障害者綱引選手権大会(県障害者スポーツ協会、河北新報社主催)が26日、大郷町中村のフラップ大郷21であった。
 知的障害者らでつくる県内18チーム約250人が参加。4ブロックに分かれた予選リーグに続いて決勝トーナメントが行われ、角田市の社会福祉法人恵萩会はぐくみ学園チームの「はぐくみ」が優勝を飾った。
 昼食に大郷町社会福祉協議会ボランティアが豚汁を振る舞い、仙台市のダンスチームがアトラクションを披露した。
 上位の成績は次の通り。
 (1)はぐくみ(角田市)(2)小牛田高等学園A(美里町)(3)なんちゃってつう(大崎市)小牛田高等学園B(美里町)


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年11月28日火曜日


先頭に戻る