宮城のニュース

大きな大根ゲットだぜ 名取・愛島で児童が収穫活動

収穫した大根を誇らしげに掲げる子どもたち

 名取市愛島児童センターで27日、大根の収穫活動が行われた。
 センターに通う児童115人が園内の畑から大根36本を引き抜き、一輪車で運んだ。引き抜く際に尻もちをつく子どももおり、園庭は笑い声に包まれた。
 市愛島小1年高橋華さん(7)は「スポンと抜けて楽しかった」、同渡辺結莉愛さん(6)は「小さな種が大きな大根になり、すごいと思った」と語った。
 大根は子どもたちが9月に種をまいて育ててきた。29、30日に、ふろふき大根にして食べる。
 センターは子どもたちの野菜嫌いをなくそうと、食育の一環としてトマトやキュウリ、サツマイモなどを栽培している。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年11月28日火曜日


先頭に戻る