宮城のニュース

「私のしごと」作文コンクール 宮城農高・佐藤さん最高賞

作文を朗読する宮城農高の佐藤さん

 第13回全国高校生・高等専修学校生「私のしごと」作文コンクール(NPO法人仕事への架け橋主催)の表彰式が23日、東京都内であり、宮城農高3年佐藤亜記さんが最高賞の文部科学大臣賞を受賞した。「サクラサク未来へ」の題名で、東日本大震災の被災地で取り組んだ桜の植樹活動についてつづった。
 全国から3860編の応募があり、被災体験を通して成長した自らの姿を描いた作品が複数入賞した。東北関係は、宮城県聴覚支援学校に通っていた東京都中央ろう学校高等部3年高橋望夢さんが陸前高田市長賞、宮城県から沖縄県に避難した沖縄県名護高2年後藤祐杏さんが全国高等学校進路指導協議会会長賞、久慈東高3年大久保公平さんが特別賞にそれぞれ選ばれた。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年11月28日火曜日


先頭に戻る