宮城のニュース

<日本一>町議員在任57年10カ月 16回当選の議員が辞職

田中一寿さん

 全国の市町村議員で最多16回の当選を重ねた宮城県色麻町議の田中一寿(ひとし)さん(89)が辞職した。全国町村議会議長会などによると、議員の在任期間は57年10カ月。全国最長を更新中だった。
 田中さんが欠席する中で開かれた27日の町議会11月会議で、辞職願が許可された。同町の自宅で28日、取材に応じた田中さんは「子どもたちが私の体調を心配しており、引退を決めた。これほど長く務められたのは支援者のおかげ。町のため真面目に取り組んできたつもりだ」と語った。
 田中さんは1959年5月の色麻村議(当時)補選に30歳で初当選。9期目途中の91年に色麻町長選に挑戦して落選したが、その後も町議選で当選を重ねた。76年から約15年間、議長を務めた。


関連ページ: 宮城 社会

2017年11月29日水曜日


先頭に戻る