宮城のニュース

<だて正夢>いざ次世代ブランド米天下取りへ サンドも駆けつけ銀座で発表会

だて正夢を売り込んだ(前列左から)伊達さん、富沢さん、村井知事

 宮城県が高価格帯のブランド米として市場展開を目指す新品種「だて正夢」のプレデビュー発表会が29日、東京・銀座の百貨店であった。県産米CMキャラクターで仙台市出身のお笑いコンビ「サンドウィッチマン」と村井嘉浩知事が、次世代ブランド米の天下取りに向けPRした。
 サンドウィッチマンの伊達みきおさん(43)は炊きたてを試食し「コメの甘みをすごく感じる。納豆をかけて食べたい」と喜んだ。冷ましたごはんを食べた富沢たけしさん(43)は「冷めてもおいしいので弁当向き。塩むすびにして味わいたい」と語った。
 村井知事は「もっちりしたコメを好む人が増えてきたため、もちもち系の甘みのあるコメを開発した。多くの人に食べていただき、ファンになってほしい」と呼び掛けた。
 県によると、本年産だて正夢は宮城県と東京都の百貨店、量販店を中心に約160トンを販売する。


関連ページ: 宮城 社会

2017年11月30日木曜日


先頭に戻る