山形のニュース

<仙山線>クマと衝突し遅れ 面白山高原−山寺間走行中、けが人なし

 29日午後4時25分ごろ、山形市のJR仙山線面白山高原−山寺間を走行中の上り快速列車(4両編成)がクマと衝突し、停車した。乗客約90人と乗員にけがはなかった。JR東日本山形支店によると、列車は約30分後に運転を再開した。


関連ページ: 山形 社会

2017年11月30日木曜日


先頭に戻る