宮城のニュース

宮城県関係国会議員の政治資金収入 井上氏最多の9893万円

 総務省が30日公表した2016年分の政治資金収支報告書によると、県関係の国会議員10人と元議員2人の資金管理団体や政治団体、政党支部が総務相に届け出た。

 各団体の収入、支出総額表の通り。収入では、公明党の井上義久氏(衆院比例東北)の「二十一世紀ビジョン研究会」が7354万円と最多。関連3団体の合計は9893万円。
 前年1位だった民進党の安住淳氏(衆院宮城5区)の「淳風会」は7014万円。自民党では、高階恵美子氏(参院比例)が2団体合わせて7022万円、小野寺五典氏(衆院宮城6区)の「事の会」は4254万円だった。
 16年の参院選に立候補した高階氏は2団体合計で前年より1494万円増えた一方、民進党の桜井充氏(宮城選挙区)は3団体合計で832万円減った。
 各団体の支出では、事務所費や旅費交通費のほか、政治資金パーティーの開催事業費や同僚議員のパーティー会費、会食費が目立つ。いずれも第三者の登録政治資金監査人による監査を受け、問題があると指摘された事項はなかった。
 県内で主に活動する政治団体の16年分政治資金収支報告書は、県選管が11月28日に公表した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年12月01日金曜日


先頭に戻る