宮城のニュース

<気仙沼市長選>菅原氏、3選立候補へ

菅原茂氏

 任期満了(2018年4月29日)に伴う宮城県気仙沼市長選で、現職の菅原茂氏(59)が3選を目指して立候補する意思を固めたことが30日、分かった。8日開会の市議会12月定例会の冒頭、正式に表明するとみられる。
 市長選には新人の行政書士斉藤巳寿也(みつや)氏(52)が無所属で立候補する方針を示しており、2010年以来の選挙戦が確実となった。
 菅原氏は東日本大震災で被災した市の復旧・復興事業の推進や、新たな産業創出に向けた人材育成、子育て支援の充実などを公約に掲げるとみられる。
 菅原氏は気仙沼市出身。東京海洋大(旧東京水産大)卒。家業の水産会社を継いだ後、小野寺五典防衛相(衆院宮城6区)の公設秘書を経て、前市長の引退に伴う10年4月の市長選で初当選。14年は無投票で再選を果たした。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年12月01日金曜日


先頭に戻る