宮城のニュース

<気仙沼市長選>8年ぶり選挙戦へ 継続か新風か港町に熱

市政批判を展開する斉藤氏
復興完遂への思いを語る菅原氏

 気仙沼市選管は1日、任期満了(来年4月29日)に伴う市長選の日程を来年4月15日告示、22日投開票と決めた。これに合わせるように、3選を目指す現職菅原茂氏(59)と新人の行政書士斉藤巳寿也(みつや)氏(52)が1日、それぞれ記者会見。菅原氏は復興完遂の重要性を力説、斉藤氏は正式に立候補表明して菅原市政への批判を展開し、冬の港町が熱を帯びてきた。同市長選が選挙戦になるのは、2010年以来8年ぶり、東日本大震災後では初めてとなる。

 8日開会の市議会12月定例会に提出する議案説明の記者会見で、菅原氏は「20年度に国の復興・創生期間が終わる。次の任期は復興の完遂に力を入れる期間。20年度で終わらない事業が出る可能性もあり、国にフォローしてもらわなければならない」と強調した。
 正式立候補に関し、「しかるべき時に話をする」と言葉を濁した菅原氏だが、争点について聞かれると思わず熱が入った。被災地の課題や地方創生などに関し、10分以上にわたり持論を展開し、3期目への強い意欲をにじませた。
 無投票で再選した14年は2月定例会冒頭での表明だったが、今回は12月定例会冒頭の8日に正式に立候補を明らかにする見込みだ。
 4年前より2カ月前倒しすることについて、ある市議は「選挙を戦う組織を整えるためには時期として最良の選択」と説明する。
 菅原氏が会見した1時間半前。斉藤氏も市役所内で記者会見し、無所属での立候補を正式に表明した。
 斉藤氏は「復興の遅れや経済の停滞など、住民の現市政に対する信頼に揺らぎが見える。新しい風を期待する声は多い。気仙沼が抱える課題に真っ正面から取り組む」と決意を述べた。
 県職員を退職した15年の県議選に気仙沼・本吉選挙区から立候補し落選。19年の県議選に向け、今年1月から支持者回りを始めると、現市政への批判を聞く機会が多くなり、8月ごろには市長選への出馬を決めたという。
 (1)対話に欠ける市政からの転換(2)しがらみにとらわれない街づくり(3)行政の意思決定過程の透明化−を柱にさらに政策を精査する。斉藤氏は「堂々と政策論争を展開したい」と誓う。
 市議選(定数24)も市長選と同じ日程で行われる。1日現在の有権者は5万6682人。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年12月02日土曜日


先頭に戻る