宮城のニュース

<深夜客引き>モンテローザ書類送検 未明に客引き容疑 外食大手摘発は初

 仙台市中心部で未明に客引きをしたとして、仙台中央署は1日、風営法違反の疑いで、居酒屋チェーン「魚民」「白木屋」などを全国展開する外食大手「モンテローザ」(東京)と、同社の男性社員(38)=泉区=を書類送検した。飲食店の客引きを巡り、同法違反容疑で外食大手を摘発した初のケースとみられる。
 送検容疑は8月15日午前2時40分ごろ、同社の男性アルバイトが青葉区中央のハピナ名掛丁アーケード街で、通行人の男性を系列店に客引きした疑い。
 中央署によると、アルバイトのしつこい客引きを受けた男性が警察に通報し、発覚したという。同社は「管理が不十分だった」と容疑を認めている。
 男性社員は市中心部の系列7店舗の管理を統括していたが、午前0時以降の客引きは違法だとアルバイトに説明していなかった。アルバイトは客引きが主業務で、複数の系列店に呼び込みしていた。
 同社は取材に「日頃、従業員へのコンプライアンス教育を実施しているが、今回の指摘を重く受け止め再発防止に向けて指導を徹底したい」とコメントした。


関連ページ: 宮城 社会

2017年12月02日土曜日


先頭に戻る