宮城のニュース

美里町民の力作ずらり 河北展入賞・入選作品展

力作が並んだ会場

 今年の河北美術展、書道展、工芸展とこども美術展で入賞・入選した美里町民の作品を集めた「町河北展入賞・入選作品展」が、町近代文学館で開かれている。10日まで。
 作品展は文学館が企画し、1990年から続く。今回は第26回河北工芸展で県芸術協会賞を受賞した桑原りえさんの陶磁「風路甦生」、河北こども美術展の小学校中学年の部で最高賞の河北賞に輝いた同町不動堂小3年、小野寺櫂君の作品など57点を展示している。
 小学生の作品を見た大崎市の沼部小1年鈴木美海(みみ)さん(7)は「お星さまの描かれた絵がきれい」と感心していた。美里町の不動堂中2年千葉静香さん(14)は「絵の具の使い方などがうまい。刺激になる」と展示作品に見入っていた。
 入場無料。4、7日は休館。午前10時〜午後6時で最終日は午後4時まで。連絡先は町近代文学館0229(33)3030。


関連ページ: 宮城 社会

2017年12月03日日曜日


先頭に戻る