宮城のニュース

<ベガルタ>大岩 守護神の風格 無失点で締めくくり狙う

パス回しで機敏な反応を見せる大岩

 今季リーグ戦でチーム唯一の全試合フル出場を続ける大岩が、最終戦でも先発しそうだ。3バックの中央で守備の要を担う鉄人は「勝って、一つでも上の順位で終わりたい」と闘志をみなぎらせる。
 試合や練習で周囲の選手に指示を出す姿には風格すら漂う。夏場以降、3バックの右から中央に入って活躍。巧みなラインコントロールと当たり負けしない体の強さで危機管理に当たってきた。
 中央は、広い視野と素早い判断力が求められる。「頭がすごく疲れる」と戸惑いもあったが、声を出して周囲の選手と連係を深め、チームに不可欠な存在になった。「自分にとってやりやすい状況を与えてもらい、いろんなことがいい形でかみ合った」と感謝する。
 前節横浜M戦ではオウンゴールを含め4試合ぶりに複数失点を記録。「どちらもセットプレーから。ファウルを与えないようにしたい」と集中力を高める。
 相手はJ1残留を目指す甲府。特別な雰囲気の中での試合になるが、ゲームキャプテンも務める大岩の目標は無失点に貢献して勝利すること。「全ての面でワンランクアップできた」と手応えを感じた今季を笑顔で締めくくるつもりだ。(佐々木貴)


2017年12月02日土曜日


先頭に戻る