宮城のニュース

<楽天>イーグルスカフェ開店 ファン交流の場に

 東北楽天が1日、仙台市の仙台フォーラスに期間限定のカフェ「EAGLES CAFE(イーグルスカフェ)」を開いた。営業は来年1月31日まで。
 全70席でグッズ売り場も併設。今季の試合映像を見ながら、選手がプロデュースしたオムライスやフルーツサンデー、同市の本拠地コボパ宮城で今季から売り出したオリジナルのビールやコーヒーが味わえる。
 球団によると、プロ野球団が商業施設でカフェを企画するのは珍しいという。担当者は「シーズンオフにファンと接点を持つ機会になればいい」と期待する。同市の主婦黒川佳子さん(38)は「ファン同士が出会え、新たな交流が生まれる場になると思う」と話した。


2017年12月02日土曜日


先頭に戻る