山形のニュース

山形県ご当地ナンバー「サクランボ」「黄金の稲穂」走る

山形県が発表した「山形」と「庄内」のナンバープレートのデザイン

 山形県は、県内で登録される自動車用ナンバープレートの図柄2種類を発表した。「山形」は県を代表する果物のサクランボ、「庄内」は豊かな田園風景と稲穂をデザインした。国土交通省の審査を経て来年10月頃に交付が始まる見込み。
 「さくらんぼの里 山形」がテーマの山形ナンバーは数字の両脇に赤いサクランボの果実と葉を配置。庄内ナンバーは「稲穂の波と鳥海山」を図案化し、庄内地方の山や田んぼ、金色の稲穂を描いた。
 デザイン選定の参考とするため県が11月1〜10日に実施した県民投票で「山形」は208票中65票、「庄内」は139票中42票。それぞれ候補の中で最多得票だった。


関連ページ: 山形 社会

2017年12月02日土曜日


先頭に戻る