宮城のニュース

冬の被災地 光が包む 気仙沼イルミネーション開幕

気仙沼湾を彩るイルミネーションと花火               =2日午後8時ごろ、気仙沼市

 冬の気仙沼市を光で彩る「気仙沼イルミネーション」が2日、中心市街地で始まった。約20万個の発光ダイオード(LED)電球が、東日本大震災からの復興に向かう街を優しく包んだ。
 同市港町の旧朝市広場前で開幕イベントがあった。May J.さんのライブや、花火2000発の打ち上げがあり、集まった多くの住民や観光客を喜ばせた。
 イベントは市民有志でつくる実行委員会が2012年に始め、今年が6回目。約800万円の事業費の確保が課題で、実行委は協賛金を募っている。
 ライトアップは来年1月12日まで。点灯時間は午後6時〜午前0時。連絡先は実行委070(6486)3108。


2017年12月03日日曜日


先頭に戻る