宮城のニュース

<海ぼたる>20回目の女川の輝き 震災後初の点灯式

JR女川駅前を照らす「海ぼたる」
JR女川駅前を照らす「海ぼたる」=3日午後5時20分ごろ、宮城県女川町

 宮城県女川町のJR女川駅前で3日、20回目を迎えた冬の風物詩「スターダスト・ページェント2017海ぼたる」の点灯式が行われた。
 東日本大震災後初となる点灯式では、バンドの演奏に合わせて約4万5000個の発光ダイオード(LED)が次々にともった。約7メートルのツリーを中心に、幻想的な青い光が復興へ向かう町を照らした。
 海ぼたるは町民有志らが1998年に始めた。震災後も点灯式こそなかったが途切れることなく、町内の住宅跡地など場所を変えて毎年開催し、町民の心に明かりをともし続けてきた。
 制作委員会の代表世話人で町職員の中嶋憲治さん(55)は「募金などで支えてくれた町民らのおかげで20回目を迎えられた。これからも明かりを絶やさぬよう続けたい」と話した。
 来年1月5日まで、午後4時半〜10時半に点灯。大みそかの31日は、翌1月1日の日の出まで点灯する。


関連ページ: 宮城 社会

2017年12月04日月曜日


先頭に戻る