宮城のニュース

仙台のタクシー強盗、出頭の男逮捕「犯罪をすれば現金が手に入ると思った」

 仙台東署は3日、強盗の疑いで、住所不定、自称無職山本貴士容疑者(38)を逮捕した。逮捕容疑は1日午後8時ごろ、仙台市宮城野区榴岡4丁目の宮城野通で、乗車していたタクシーの男性運転手(63)の首にカッターナイフのような刃物を突き付けて脅し、現金約1万円を奪った疑い。
 同署によると、3日未明、山本容疑者が市内の交番に出頭してきたため逮捕した。「金がなくなったので犯罪をすれば現金が手に入ると思った」と話しているという。


関連ページ: 宮城 社会

2017年12月04日月曜日


先頭に戻る