宮城のニュース

<B2仙台>ティナと一緒にブースターが花壇整備

花壇から枯れた花を抜き取り、ポーズを決めるティナ

 バスケットボール男子、B2仙台のチームマスコット「ティナ」が2日、仙台市太白区富沢のカメイアリーナ仙台周辺で花壇整備と清掃活動を行った。支援団体や富沢町内会などの主催。ブースターを含む市民約60人が共に汗を流した。
 ホームがある地元住民とチームの交流を深め、応援を熱く盛り上げる狙い。ティナは約1時間の活動中、枯れた花を抜き取って花壇の冬支度をしたり、ほうきで器用に落ち葉を掃いたりし、美しいまちづくりに一役買っていた。
 仙台市市名坂小1年の門馬羽那さん(7)は「ティナと一緒に花壇をきれいにできて楽しかった。今季こそB1に昇格してほしい」とエールを送った。


2017年12月04日月曜日


先頭に戻る