宮城のニュース

<楽天>嶋、体調管理が反省点「足腰から鍛え直す」

嶋基宏選手

 嶋は、扇の要としてはCSファイナルステージ進出を支えたものの、112試合出場だったレギュラーシーズンで打率1割9分9厘と個人成績が振るわなかった。「この成績で年俸がアップするわけがない」と現状維持での契約を受け入れた。
 今季は2月のキャンプで右ふくらはぎの肉離れを起こし、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)代表を辞退した。それだけに体調管理を反省点とし、「来季も同じようなことを繰り返してはいけない。オフはしっかり走り込んで足腰から鍛えたい」と考える。
 チームリーダーとして、入団同期で兄貴分として信頼する渡辺直の復帰を歓迎。「若い選手に対して気付いたことを言ってもらえればチームの底上げになるし、自分も直人さんの話を聞き入れていきたい」と語った。


2017年12月05日火曜日


先頭に戻る