福島のニュース

被災補助金詐取容疑で2人逮捕 福島・郡山の食品会社「鮮味」元社長ら

 東日本大震災の被災企業の再建を後押しする国のグループ化補助金を不正受給したとして、福島署は5日、詐欺の疑いで、郡山市の食品会社「鮮味」(6月に破産)の元社長遠藤久(55)=千葉県松戸市=と元開発部長山田年雄(35)=福島県鏡石町旭町=の両容疑者を逮捕した。
 2人の逮捕容疑は共謀して2012年7月〜13年5月ごろ、実際には修理を実施していないのに、郡山市の工場の修理費や水増しした設備費を盛り込んだ報告書を提出し、県を通じて補助金約4600万円をだまし取った疑い。同署などは遠藤容疑者が主導したとみている。


関連ページ: 福島 社会

2017年12月05日火曜日


先頭に戻る