宮城のニュース

<利府町長選>町議の吉田氏が出馬表明

吉田裕哉氏

 任期満了に伴う宮城県利府町長選(来年2月13日告示、18日投開票)で、町議の吉田裕哉氏(40)が5日、無所属で出馬する意向を表明した。5期目の現職鈴木勝雄氏(73)が引退の意向を表明しており、出馬表明は吉田氏が初めて。
 吉田氏は河北新報社の取材に「現町政は行政主導が多く、町民参画のまちづくりを進めたい。多額の予算を投じる文化複合施設の整備を見直し、子育て支援を充実させたい」と述べた。12月定例会最終日の8日に議員辞職願を提出する予定。
 吉田氏は利府町出身。仙台二高卒。介護職員を経て2007年4月の町議選で初当選し、現在3期目。障害者ボランティアグループの会長などを務めている。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年12月06日水曜日


先頭に戻る