宮城のニュース

<アイリスオーヤマ>米ペンシルベニア州にプラ製品新工場を計画

 アイリスオーヤマは5日、米国ペンシルベニア州にプラスチック製生活用品を製造する新工場を建設すると発表した。米国ではインターネット通販による同製品の購入が増えている。拠点のなかった東海岸の同州に米国内4番目の工場を新設し、製品の生産・供給体制を強化する。
 新工場の敷地面積は約12ヘクタール、投資額は約120億円。着工は2018年2月、完成は19年4月を予定する。販売額は19年度に50億円、21年度に150億円を計画する。米ネット通販大手のアマゾンの急拡大に伴い、米国全土で流通がネット通販にシフトしている。アイリスにとっては、売り上げ構成比の高いプラスチック製収納用品はサイズが大きく、物流の効率化とコストの低減が課題だった。
 新工場はコンピューター管理の自動倉庫も備え、アイリスグループの基幹工場の大連工場(中国)で生産する家電製品、発光ダイオード(LED)照明などハウスウエア部門の物流センターの役割も担う。


関連ページ: 宮城 経済

2017年12月06日水曜日


先頭に戻る