宮城のニュース

仙台育英高野球部員ら飲酒、喫煙 市内飲食店で8人、救急搬送も

 今年の高校野球夏の甲子園大会で8強入りした仙台育英高の硬式野球部員ら生徒が11月、校外で飲酒や喫煙をしていたことが5日、分かった。学校側は同日、宮城県高校野球連盟に事実を口頭で伝えた。今後調査を進め、正式に文書で報告する。
 仙台育英高などによると、飲酒や喫煙をしていたのは、3年の元野球部員と2年の現役部員、3年の元剣道部員の生徒計8人。11月27日夜に仙台市青葉区の飲食店で酒を飲み、急性アルコール中毒の疑いで救急搬送された生徒もいた。生徒の中には公式戦でベンチ入りしていた野球部員も含まれている。
 野球部員の一部は多賀城市内の寮に住んでいた。寮は午後10時ごろまでに職員が点呼と見回りをするが、学校側は部員の不在を把握していなかったという。
 学校側は生徒から詳しい事情を聴き、今後の処分や野球部への対応を検討する方針。


2017年12月06日水曜日


先頭に戻る