宮城のニュース

東北大留学生を逮捕 ヘロインなど密輸の疑い

 ヘロインや合成麻薬MDMAを密輸したとして、宮城県警銃器薬物対策課などは6日、麻薬取締法違反(輸入)の疑いで、仙台市青葉区三条町、オーストラリア国籍の東北大留学生クロトフィル・カラム・ニコラス容疑者(20)を逮捕した。
 逮捕容疑は10月29日、ヘロイン0.98グラムとMDMA6.99グラムを隠した郵便物を、海外から自宅に送らせて輸入した疑い。県警によると、容疑を認めているという。
 ニコラス容疑者は、オーストラリアの大学から東北大に9月から留学しているという。


関連ページ: 宮城 社会

2017年12月06日水曜日


先頭に戻る