岩手のニュース

岩手・岩泉町長、わいせつ行為 女性記者の宿泊先に押し掛け抱き付く「PTSDによる幻聴、幻覚」と釈明

伊達勝身町長

 岩手県岩泉町の伊達勝身町長(74)が、岩手日報社の女性記者に抱き付くなどのわいせつ行為をしたことが、6日までに分かった。岩手日報が朝刊で報じた。この日開会した12月定例町議会の冒頭、伊達町長は「トラブルを起こしてしまった」と事実関係を一部認めて謝罪したが、進退には言及しなかった。
 岩手日報社によると、伊達町長は10月中旬、記者が宿泊していた岩泉町内のホテルに朝早く押し掛け、何度もドアをノックして部屋に侵入。記者に無理やり抱き付いて複数回キスをしたという。記者はショックで休職状態が続いており、刑事告訴も検討している。
 岩手日報社は、わいせつ行為の直後から伊達町長に口頭や文書で抗議した。伊達町長は、抱き付いた行為は認めたものの「PTSD(心的外傷後ストレス)による幻聴、幻覚があった」と釈明し、わいせつ目的は否定しているという。
 町総務課によると、伊達町長は町内に甚大な被害をもたらした昨年8月の台風10号豪雨への対応でPTSDを患ったとして10月25日から盛岡市内の病院に入院していたとされる。5日に公務復帰した。
 記者会見した岩手日報社の松本利巧(りこう)総務局長は「わいせつ目的だったことも含め、事実関係を認めて謝罪を求めているが、いまだにないのは大変遺憾。早急に謝罪してほしい」と話した。
 岩泉町では台風10号豪雨で関連死も含め23人が死亡。伊達町長は当時、避難勧告を出さなかった判断を批判された。1999年に初当選し、現在5期目。


関連ページ: 岩手 社会

2017年12月06日水曜日


先頭に戻る