宮城のニュース

<仙台育英飲酒>野球部と剣道部の活動自粛

 高校野球の強豪、仙台育英高(仙台市宮城野区)の硬式野球部員ら8人が飲食店で飲酒や喫煙をしていた問題で、同校は6日、硬式野球部と、元部員が同席していた剣道部の活動を当面自粛することを決めた。
 同校は5日に宮城県高校野球連盟に口頭で事実を伝えた。佐藤秀之県高野連理事長は「非常に残念だ」と話し、文書による説明を受けた上で日本高校野球連盟に報告する。処分が必要と判断された場合は日本学生野球連盟の判断を仰ぐ。
 同校によると、8人の内訳は3年の元野球部員3人と2年の現役野球部員3人、3年の元剣道部員2人。11月27日午後7時ごろから青葉区の飲食店で飲酒、喫煙した。同校は生徒から聞き取りを進めており、今後処分を検討する。


関連ページ: 宮城 社会

2017年12月07日木曜日


先頭に戻る