宮城のニュース

救急車と乗用車衝突 搬送女性は病院で死亡

 6日午後9時40分ごろ、宮城県登米市中田町石森の国道346号交差点で、登米市消防本部の救急車が乗用車と衝突した。急病による心肺停止状態で搬送中だった同市の無職女性(88)が約10分後に別の救急車に移され、同市内の病院に搬送されたが、死亡が確認された。
 現場は信号機のある十字路交差点。救急車がサイレンを鳴らして西進し、左から交差点に入ってきた同市の会社員男性(23)の乗用車と衝突した。宮城県警佐沼署が原因を調べている。
 市消防本部によると、女性が自宅の浴室で意識を失っていると家族から119番があった。救急隊が到着した時には、女性は心肺停止状態だった。


関連ページ: 宮城 社会

2017年12月07日木曜日


先頭に戻る