宮城のニュース

ビルの間に男性の遺体 右手の人さし指と薬指が欠損

 2日午前2時40分ごろ、仙台市宮城野区榴岡1丁目の商業ビル敷地内で、隣接するビルとの間に男性の遺体があるのを通行人が発見、110番した。仙台東署によると、遺体は50〜70代とみられ、身長約160センチの中肉。丸顔で白髪交じりの短髪。右手の人さし指と薬指が欠損、変形している。茶色のジャンパーやジーンズ、黒いスニーカー(25センチ)を着けていた。同署が身元や死因を調べている。


関連ページ: 宮城 社会

2017年12月08日金曜日


先頭に戻る