宮城のニュース

<楽天>来季の選手会長、岡島 納得の600万円増

 東北楽天は7日、仙台市の球団事務所で、岡島、枡田の両外野手、細川捕手、小山投手の4選手と契約更改した。外野の主力として111試合に出場し、来季は新選手会長に就く岡島は600万円増でサイン。「人間的な部分も評価してもらった」と話した。
 移籍1年目で20試合に出場し、バッテリーへの助言役も務めたベテラン細川は現状維持。「球団からいろいろ助けてもらったと言ってもらった。来季はチームも自分ももっと飛躍すると思う」と手応えを語った。
 クライマックスシリーズ(CS)で活躍したものの、32試合出場に終わった枡田は600万円減。「CSの活躍がなければ(契約更改の)この場はなかった。もう1年野球ができる喜びを味わいながら、一日一日を大切にしたい」と語った。
 巨人からトレード移籍し、5試合の登板だった小山は500万円ダウン。「来季はチームの戦力になりたい」と巻き返しを誓った。(金額は推定)


2017年12月08日金曜日


先頭に戻る