秋田のニュース

<村田指月FC>車電子部品製造の新工場が完成 秋田・羽後で式典

 自動車関連電子部品製造の村田指月FCソリューションズが本社のある秋田県羽後町に新設した工場建屋が完成し、現地で7日、記念式典があった。
 工場は鉄筋一部2階、延べ床面積約2300平方メートル。ハイブリッド車や電気自動車向けに、電圧を安定させる機能などを持つ世界トップレベルの高耐熱フィルムコンデンサーを製造する。来年1月上旬にも従業員16人で稼働する予定。
 同社は電子部品大手の村田製作所(京都府長岡京市)と電子機器製造の指月電機製作所(兵庫県西宮市)が共同出資し、昨年10月に設立された。
 式典には安藤豊町長や工場関係者ら約50人が出席。村田指月FCソリューションズの山田芳弘社長は「拡大している東北地方の自動車産業の競争力をさらに高め、電気自動車市場の開拓に貢献したい」と述べた。


関連ページ: 秋田 経済

2017年12月08日金曜日


先頭に戻る