岩手のニュース

<岩泉町長わいせつ>「完全アウト」「あってはならない」町議14人に聞く

伊達町長の辞職に全会一致で同意した町議会=8日

 わいせつ行為を働いた岩手県岩泉町の伊達勝身町長(74)が辞職を表明した8日、町議会を構成する議員14人に、この不祥事をどう受け止めているか尋ねた(表)。町長に対する監視機関として「議会の責務」を果たせなかったことへの反省の弁は、皆無だった。
 「完全にアウト」「あってはならないこと」と伊達町長に辞職を求めたのは、5人だけだった。
 野舘泰喜副議長は「ハニートラップではないかとの疑いも持っている。嫌がる相手にキスできるはずがない」と伊達町長を擁護。10月下旬にはわいせつ行為を把握し、町長に「表に出ては大変だよ」と話したという。
 複数の議員によると、6日には非公式に辞職勧告の是非が話し合われたが、結論は「時期尚早」だったという。
 加藤久民議長は「町の発展のために長年尽力してきた町長が、このような形で終わるのは残念だ。議員全員が力を合わせて(昨年8月の)台風災害からの復旧復興に取り組んでいきたい」と話した。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2017年12月09日土曜日


先頭に戻る